HOME > Instructor Introduction(Wind,Percussion Section)

木管楽器

野田 祐介先生












1964年大分県別府市生まれ。高校卒業後フランスに留学、パリ国立高等音楽院をそれぞれ一等賞を得て卒業。1988年に帰国、フリー奏者としてオーケストラ、室内楽、ソロ、放送音楽等にわたり活躍。2003年群馬交響楽団に第一奏者として入団、現在に至る。

木管楽器

和久井 仁先生



オーボエを似鳥健彦氏に師事し、1989年東京芸術大学入学。2004年4月にNHK交響楽団へ入団し、オーボエ&イングリッシュホルン奏者を務めている。 現在、東京芸術大学、桐朋音楽大学オーケストラアカデミーの非常勤講師。

金管楽器

木村 英一先生



1977年武蔵野音楽大学入学
1980
年東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団入団
1981
年同大学卒業
1983年旧西ドイツ国立ベルリン芸術大学入学
1984
年同大学卒業
現在、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京トランペット・コアーのメンバー。日本トランペット協会理事。

<先生から・・・>
江戸フィルの管楽器の皆さんは、音楽に対して非常に真摯に、根気強く取り組まれてる印象を受けております。私は音楽をする上ではプロもアマチュアも関係ないという考えなので、おのずとしつこい練習になってしまいますが、そんな練習にもお付き合い頂き非常に感謝しております。このような音楽に対する真摯な気持ちがある限り、間違いなく素晴らしい音楽を演奏出来ることでしょう.

打楽器

久保 昌一先生



東京音楽大学卒業。在学中、故 野口力、菅原淳の両氏に師事。 1987年よりベルリン芸術大学に 留学しベルリン・フィル首席ティンパニ奏者のオスヴァルト・フォ ーグラー氏に師事した。ベルリン芸大在学中、ベルリンドイツ歌劇 場にて活躍する。 1993年、 NHK交響楽団に入団。現在、 N響 首席ティンパニ奏者、東京音楽大学兼任准教授、武蔵野音楽大学非 常勤講師。

<先生から・・・>
江戸川フィルの打楽器セクションの皆さまとのお付き合いが始まっ てもう彼此 6年になるでしょうか。 N響のオーボエ奏者でいらした 故似鳥先生からのご縁で江戸川フィルに呼んでいただき大変感謝し ております。江戸川フィルの打楽器の皆さまは非常に練習熱心で、 その真摯に取り組む姿に私も教わることが多々あります。これから も皆さんと楽しみながら一緒に音楽を作って行きたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。