HOME > Instructor Introduction(Music Director,Strings)

音楽監督

山下 進三先生

1946年生まれ。武蔵野音楽大学卒業。日本フィルハーモニー交響楽団元ビオラ奏者。
ビオラをルイ・グレーラー、指揮を近衛秀麿各に学ぶ。
日本フィルハーモニー交響楽団の親子コンサートではたびたび指揮をつとめた。
ヴィーニャ弦楽四重奏団のメンバーとして室内楽にも精力的に活動している。2015年より、江戸川フィルハーモニーオーケストラ音楽監督に就任

弦楽器

九鬼 明子先生










桐朋学園大学音楽学部卒業同大学研究科一年修了
1994年に日本フィルハーモニー交響楽団に入団
現在、日本フィル第一ヴァイオリン奏者としての活動のほか、ソロ、アンサンブルヴィーニャ、レーヴ四重奏団などの室内楽、アマチュアオーケストラや学生オーケストラの指導などでも意欲的に活動している。

<先生から・・・>
江戸フィルヴァイオリンパートは明るくてパワフルな女性陣の中に優しく穏やかな男性がちらほらという構図のセクションですが、皆さんとても真摯に音楽に取り組んでおられ、練習の時間が足りなくなることも度々。チームワーク第一のセクションですから、皆さんの気持ちがまとまっているのが心強いですね。
これからもいい音楽を共に作り上げていきましょう!

弦楽器

斎藤 章一先生



東京芸術大学卒業、同大学院修了。
1985年、小沢征爾指揮の新日本フィルハーモニーのヨーロッパツアーに参加。
聖徳学園講師、北鎌倉女子学園講師を歴任。
2011年3月まで東京ニューシティー管弦楽団首席チェリスト、船橋ジュニアオーケストラトレーナー。
東京室内管弦楽団、横浜ノネットメンバーとして活躍。

<先生から・・・>
江戸フィルチェロパートの皆さんとは、明星さんが、お弟子さんで、習いにいらしているご縁で、指導に行くようになりました。7名のメンバー、うち女性3人、年齢も、すごく若い人がいるわけでなく、落ち着いた雰囲気があります。皆さんとても上品です。学校の先生が多いと聞いております。学生時代オケ経験のある方が多く、アマチュアといえども皆さんヴェテランです。チェロパートだけの練習も度々していますが、とても反応が良くその場で、どんどん良くなって行きます。素晴らしい皆さんと思います。